youtube

2013年02月02日

峯岸みなみyoutube

先日、
AKB48の峯岸みなみが恋愛騒動で坊主頭になり、
YouTubeで映像を流して話題になった。

当然、
Promotionの一環だとは思うけど(コノ記事参照)、
AKBはYouTubeの使い方が上手いなあ、ホント。

前田敦子卒業の時とか、
ファンの注目が集まるタイミングで
効果的に使う。

TVならタイミングを逃せばそれっきりだけど、
YouTubeなら見たいタイミングで見れる。

まあ、TVの映像も、
結果的にYouTubeにアップされることが多いけどw 


ところで、
今回も再生回数は一旦301回で停止し、
半日ほど経った後に、その後の実数が反映された。

YouTube chを運営してACCESSの多い方なら、
ご存知かと思うけど、
YouTubeの映像の再生回数は301回で一旦停止する。

その理由は・・・

その後、反映されるまでの半日ほどの間に、
その再生回数を検証し、不正がないかをCHECKしているようだ。

再生回数って ホント重要で、
通貨のような価値を持つものだから、
表示も慎重に行われてるんだなあ、
と、あらためて思う。

AKB48 5400sec.microSD VOL.10:峯岸みなみ
AKB48 5400sec.microSD VOL.10:峯岸みなみ 

shun699 at 11:45|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年01月27日



※feat.hyuna ver.

昨年、YouTubeで世界で爆発的にHITした、
韓国のPSY江南スタイル(Gyangnam Style)!

歌ってる彼自身がキャラ的に面白く、
世界共通のエロスな感情が軸になっている点が
世界的HITの核心かと思うけど、
さらに理由があったようだ。

今朝のTwitterで見かけたNEWSによると、

> PSYのケースでは、音源の使用を許可し、
> マネタイズするかたちをとったことで、
> ユーザーが自由にパロディビデオを制作。
> これが全世界にそれぞれの名を知らしめる結果につながった。

とのこと。

YouTubeを始めとして、
Twitter, Facebook等、SNSが発展した今日この頃、
Userは単に視聴するだけでなく、自ら発信もする存在。
さらには、Createもする存在。

だからこそ、
Contents側はCopyされることを敵と見るのではなく、
ソレを味方につけることを考える必要がある。

拡散のための導線作りをしっかり設計して取り組むと、
有効だなあ、ホント。

ちなみに、
私自身もYouTubeの公式Channelも運営しているのだけど、
YouTubeのコンテンツ管理プログラムでは、
自分が権利を持つコンテンツを権利者以外が
アップしたことが検知された場合、
パートナー企業は対応を下記3つの中から選択できる。

 1:削除する(ブロック)、
 2:そのまま公開して利用状況を調査する(トラッキング)、
 3:公開し、かつ広告を表示させることで収益につなげる(マネタイズ)

さらに、、
この3つの選択肢それぞれに下記の3段階から選べる。

 1:動画そのものの公開を許可する(ビデオID)、
 2:動画は許可しないが、音源の使用は許可する(ミュージックID)、
 3:動画も音源使用も許可しないが、詩とメロディーの使用は許可する
  (メロディーID)

PSYの場合、
公開し、広告収益につなげて(マネタイズ)、
音源の使用を許可する(ミュージックID)を選択したと思われる。

まず、MVを公開して韓国内〜アジアで普及し始め、
次にメイキングビデオを公開、
さらには、ビデオに登場する女性のボーカルバージョンも公開、
(冒頭で紹介したHYUNA VOCAL等)
と展開していくうちに、
実際に、USERがパロディービデオをUPするようになり、
ソレがFB,Tw等のSNSで急速に拡散していく、
という導線が展開されていった。

NET、さらにSNS、
と、環境が整った今日この頃、
彼のように世界を意識した展開を行っている人を見ると、
実に気持ちイイ。

逆に、環境が整っているにも関わらず、
日本国内の共通認識を持った人だけに売り込んでる人など、
ホント、みっともない。



shun699 at 11:15|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年01月22日

YT_banner設定

私は個人のYouTube chも、
シゴトで携わっている公式YouTube chも使ってるんだけど、
その大きな違いは、、

上部にバナーを貼れるか否か、
という点。

で、
本日、公式chもバナーを貼ってたわけだけど、
Pointは、
「チャンネル設定」>「デザイン」、
と進んで、
「背景」で自分の設定したいバナーをアップし、
「スクロール」を選ぶ点!

ココで、「固定」を選ぶと、
バナーの一部が隠れてしまい、
思ったように表示されないので、
「スクロール」を選ぼう。

あと、
バナーのサイズは、、
きっちり上部におさめようとするなら、
縦150px、横970px.

そして!
クリッカブルマップを設定すること。

6/26の記事で書いた感じで。

これで、
USERがCLICKした時、
コチラの設定した場所に誘導できる。

”導線”の設計!


shun699 at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加