Finalcut

2014年01月24日

映像を作る際、
特に強調したいテキストを表示する時には、
「黒バック」の上にテキストを表示するパターンを
よく使う。

で、
私は今まで「黒バック」をPhotoshopやIllustratorで
わざわざ作って読み込んでいたのだが、、
Finalcutのデフォルトの機能を使うだけで、
この手間を軽減できることに今さら気づいたw

finalcutインダストリアル

↑画面右下の「ジェネレータブラウザ」から。
「カスタム」 なら そのまま「黒バック」設定デキるし、
さらに、「インダストリアル」を使うと、
さらに、スポットライトを淡く当てたような設定になり、
イイ感じ♪

Final Cut Pro X ガイドブック
加納 真
ビー・エヌ・エヌ新社
2011-09-22
 

shun699 at 13:51|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年03月02日

Finalcut proのタイムラインで編集中に、
不要なPartをCutしてつなぎ合わせることは
頻繁に行う。

で、
一つのProjectに小さなClipがたくさん、、
という状態に。

この小さなClipを1つに結合してまとめるには、
まとめたいClipをすべて選択した状態で、
右クリック(Mac=Control +Click)し、

finalcut_結合

↑「新規複合クリップ」をSelectすれば、
即可能! 

shun699 at 19:14|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年01月13日

今、Finalcutで映像を書き出して、
YouTubeにUPしようと してて、
あらためて思ったのだが、、、

Finalcutで「現在の設定」で映像を書き出すと、
異常に大きな容量になってしまう。

YouTubeのUP容量上限の2GBを遥かに超え、
UPに非常〜に時間がかかり、
さらにエラー、、みたいな展開になる。

そこで、
映像の質を問わないものであれば、
H.264で書き出す、とか、
映像のクオリティにこだわりたい場合であれば、
まずは「現在の設定」で書き出した上で、
HandBrakeでソレを書き出すことによって、
容量は押さえられる。

その際、bitrateを上の方にしておけば、
それなりのクオリティは確保できるので、
オススメ。


shun699 at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加