AUDIOSLAVE

2014年09月06日




AUDIOSLAVE'S NUMBER,"ONE AND THE SAME".

↑このPLAYを見た後、
自分でもPLAYしてみた。
今、練習中♪

・VERSE:
AUDIOSLAVE_ONANDTHESAME_BASSTAB
KEY=B ?

4弦7FRETのB(Ⅰ)から2弦9FRETの1OCTAVE上のBへと進んでからの、
1弦7FRET(D)という短三度!
というBLUES SCALE活用がイイ♪

で、
Ⅶ♭(A・7/4)まで下げてからの、
Ⅰ(1OCTAVE UP B)から下ろしてくる展開。
SCALE的にはオーソドクスだけど、
2小節目の部分で音数が多めなので、
SPEED感がPOINTかと.
 AUDIOSLAVE_ONANDTHESAME_BASSTAB2
上記のVARIATION.

AUDIOSLAVE_ONANDTHESAME_BASSTAB3
低FRETでの展開。
MAIN GROOVE並によく出てくるし、重要。

Ⅰ・・Ⅲ♭・・・・Ⅴ・・Ⅰ・・・・
3弦5FRETのDは、2弦開放弦の方がわかりやすいかも。

続く、3弦5FRET(D)〜9FRET(F#)の部分も、
2弦の開放弦〜4FRETの方がわかりやすい。 

Revelations
Audioslave
Sony
2006-09-05

"ONE AND THE SAME" IS 2ND TRACKS OF AUDIOSLAVE'S ALBUM,"Revelations". 

★BASS TAB INDEX IS HERE >> http://groovester.net/bass.html

P.S.



今日、近所をサイクリングした際、
↑HYPERLAPSEでMOVIEを撮ってみた♪

 

shun699 at 21:31|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月04日




AUDIOSLAVE'S 3RD ALBUM,"REVELATIONS"を聴いてたら、
5TH TRACKS, "ORIGINAL FIRE"が なかなかイイGROOVEを出してるな、
と。

BASSでPLAYしてみた。 

INTRO:
AUDIOSLAVE_ORIGINALFIRE_BASSTAB
 KEY=E
Ⅶ♭ーⅠ・・・

VERSE:
AUDIOSLAVE_ORIGINALFIRE_BASSTAB2
 ↑4弦9FRETのC#は、3弦4FRETでPLAYした方が、
運指がSMOOTHかと。

それと、
4弦5FRETのAは3弦開放弦の方がSMOOTH.

CHORUS:
AUDIOSLAVE_ORIGINALFIRE_BASSTAB3
 
BREAK:
AUDIOSLAVE_ORIGINALFIRE_BASSTAB4
 
Revelations
AUDIOSLAVE
2006-09-05

"ORIGINAL FIRE" IS 5TH TRACKS OF AUDIOSLAVE'S ALBUM,"REVELATIONS". 

★BASS TAB INDEX IS HERE >> http://groovester.net/bass.html




 
 

shun699 at 22:06|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月02日



AUDIOSLAVE'S NUMBER,"GASOLINE"BASS PLAY♪

Audioslave
Audioslave
Imports
2002-11-28

3RD TRACKS OF ALBUM,"Audioslave".

SLOW GROOVE.
TEMPO=90 BRMくらいかな.

BLUES SCALEを活用したGROOVEがよく効いている♪

・INTRO:
AUDIOSLAVE_GASOLINE_BASSTAB

・VERSE:
↑上記1小節目のRIFFをREPEAT. 
時々、小節の最終音がD(2弦開放弦)かE(2弦2FRET)に飛ぶ。 

・VARIATION:
AUDIOSLAVE_GASOLINE_BASSTAB2
上記のほか、INTRO PARTの2小節目以降に記載したRIFFも、
随所に出てくる。

・OUTRO:
AUDIOSLAVE_GASOLINE_BASSTAB4
 
・INDEX OF BASS TAB IS HERE!!! 


 

shun699 at 23:06|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加