パクリ

2015年03月21日




2013年に世界的に大ヒットした、
Robin Thicke(ロビン・シック) &
Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)の曲、
Blurred Lines(ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪)だが、
盗作で訴えられ、、
米陪審員から740万ドル(約8億9800万円)の賠償命令!!!
だそうで...

Blurred-Lines



メロディーが全く同じというわけではないのに、
雰囲気が似ている点で賠償命令が出された点で、
話題になっている。

曲の収益、約1,650万ドル(約20億円)の
約半分の賠償だから なかなかの額である。

ところで、
気になるのは「盗作された側」の曲!!!

その曲とは・・・



Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)の'Got to Give It Up'♪



確かに、似てる!!! www

1977年 Release.
素晴らしいGrooving♪

ファレルがパクリだくなる気持ちも、
わからないでもないw

それにしても、
なぜ訴訟になったのだろう???
と、気になったので調べてみると・・・

ロビン・シックとファレル・ウィリアムズは、
マーヴィン・ゲイの曲を参考にしたことを公言していたようでw

この記事を読んでみると、、

> ロビン・シックがファレル・ウィリアムズに
> 「マーヴィン・ゲイの“ガット・トゥ・ギヴ・イット・アップ”
> みたいなフィーリングの曲を作ってみるのはどうだい?
> と提案したのがきっかけ(で曲が生まれた)、

と、書かれてるw

おそらく、
こういう情報がマーヴィン・ゲイの遺族に伝わり、
訴訟に繋がったんだろうな、と。 

私達は多かれ少なかれ過去の名曲から影響を受けて、
曲を作ったり楽しんだりするし、
こうして継承していくのは素晴らしいことだと思うのだけど、、
リスペクトが足りない発言を軽率にしてしまうと、
足元をすくわれるよなぁ、
と、あらためて実感した事例。 



shun699 at 23:26|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月05日


最近、
Queens of the stone ageの曲をBASSで弾いていて、
あらためて"Stoner Rock"はイイなぁ、と。



Queens of the stone ageの原点であるKyuss(カイアス)のAlbumを
聴いていたところ、
"Wretch" 7曲目の"The Law"がラリっててイイ曲だな、とw

 ※↑コノAlbumの24分9秒〜32分2秒にかけての曲.

コノGuitar Riffって・・・



globe全盛期曲、"Don't look back"に似てるなあ。

似てるというか、
小室哲哉さんが参考にしたのだろうけどw

Kyussの"The law"は、1991年Release(album"Wretch [CD]")、
Wretch




globeの "DON'T LOOK BACK"は、2000年Releaseだから。
DON'T LOOK BACK/like a prayer



いずれにしても、イイRiff !!!









shun699 at 00:37|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年12月09日

Twitter's TLで流れてきて見てみると、、

スゴイw

こんな代表曲に元ネタがあったとは。

特に驚いたのは、、



↑コレ。

"One More Time"ができる過程が
よくわかる。



↑原曲。

まあ、でも、
コノ曲を ああいう風に作り替えるセンスは、
見事!

コレを発見した彼もw

それから、


↑"Digital Love"の元ネタ。

コレは、INTROそのままw

そしてそして、


↑Harder, Better, Faster, Strongerの元ネタ。

コレも そのままw

さらに、


↑Crescendollsの元ネタ。

コレもわかりやすい。
使い方が上手いなあ、ホント。



↑'Technologic'で使われてる、
Ronnie Jones - 'Video Games'
 


↑'The Brainwasher'で使われてる、
Black Sabbath - 'Iron Man'


要は、
昔の作品をたくさん聴いて、
今のオーディエンスに響くように活かすのが
上手いんだろうな。

shun699 at 00:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加