Arctic Monkeys『No.1 Party Anthem』をBASS COVER♪「WEBサイト制作代行」以上に「WEBメディア運営」を軸に♪

2014年12月13日




The Beatles's number, "Polythene Pam"のBASS COVERを
YouTubeで見かけて、
自分でもBASS PLAYしてみた♪

INTRO:
The-Beatles_Polythene-Pam_BASSTAB
譜面で表すと、
The-Beatles_Polythene-Pam_BASS譜面
ヘ音記号の範疇というより、
ト音記号の範疇に近い領域からのSTART.

MAIN PART内に出てくる"E"よりも1 OCTAVE上の"E".

VERSE
The-Beatles_Polythene-Pam_BASSTAB2
 ここがMAIN.

2弦開放弦(D)> 3弦開放弦(A) > 2弦2FRET(E)
というPOSITIONが一番わかりやすいかな。

譜面で表すと、
The-Beatles_Polythene-Pam_BASS譜面2
 
続いて、
The-Beatles_Polythene-Pam_BASSTAB3
G ・ D B ・・・・・
B C D E・・・
 
譜面で、
The-Beatles_Polythene-Pam_BASS譜面4 ... ...

この後、
The-Beatles_Polythene-Pam_BASSTAB7
↑このように、
"D"抜きでのPLAY連発の進行に。

当初、「D > A > E 」だったところを、
「休符 > A > E 」に。

これが また快感PHRASE.
GROOVEが生まれるなぁ♪

OUTROの一部:
The-Beatles_Polythene-Pam_BASSTAB5





shun699 at 22:59│ このエントリーをはてなブックマークに追加 BASS LOGIC 
Arctic Monkeys『No.1 Party Anthem』をBASS COVER♪「WEBサイト制作代行」以上に「WEBメディア運営」を軸に♪