Google mapをレスポンシブ対応でWEBサイトに埋め込む方法深夜の旅館で聞こえる自販機の音

2014年11月16日


AKB48に対する批判的な意見も目立つ今日この頃だけれど、 
当然のことながら「冴えている点」もあるのであり、 
その点について書いておく。
参考になる点を備忘録的に。

(1)
まず、
「AKB自体がプロダクションなのではなく、
メンバーは、それぞれのプロダクションに所属しており、
AKB活動の時だけ集結する」、
という点。

自らがプロダクション機能まで持つ必要はなく、
「提携」すればいい、という発想。

(2)
さらに、
「メンバーが固定ではなく、流動的である」、
という点。

男性のアーティストの場合、
たとえば、ROLLING STONESのように、
70歳になっても不動のメンバーで活動し続けることが、
価値を産んでいくけれども、
女性の場合、特にアイドルの場合は、
旬な時期が非常に限られており、
生涯に渡って人気を得続けることは、
まず、不可能である。

17,18歳くらいをピークに、
前後数年というところだろう。

不動の固定メンバーで活動した場合、
さんざんライブやイベントをやってグループの知名度が
高まってきた頃に、
価値が下降し始めてしまい、解散、
という展開になりがちだ。

一方、
AKBのようにメンバーを流動的にした場合、
20歳を超えたメンバーが次々に卒業していっても、
また、新しい子達が入ってくるから、
活動し続けることが可能で、
高まった知名度を活用し続けることがデキるのだ。

(3)
そして、
ファンからの人気度を活動に取り入れている点も冴えている。

メンバーは目立った活動をしたいから、
(センターに立ったり、選抜メンバーに入ったりしたいから)
自分のアピールを積極的にファンに対して行う。

そのアピールは、
もちろん、そのメンバーのアピールにもなるのだが、
結果的に、AKBというブランドの最高のPROMOTIONになる。

AKBにとっては、ファンの人気度を指標に入れることにより、
自動的にPROMOTION活動になるのだ。

以上。

AKB運営側は「AKB BRANDの管理人」のようなことに徹すれば良く、
これがビジネスの理想型だと思う。


shun699 at 13:25│ このエントリーをはてなブックマークに追加 MARKETING WARS 
Google mapをレスポンシブ対応でWEBサイトに埋め込む方法深夜の旅館で聞こえる自販機の音