TV視聴率の新しい指標Vine動画をブログ等に貼る方法

2014年09月25日




STEVIE WONDER'S NUMBER,"SUPERSTITION"
↑BASS COVERを見かけて、
なかなかイイGROOVINGだな、と♪

自分でもPLAYしてみた♪ 

MAIN PHRASEは下記2つ。

1:
STEVIE-WONDER'S-NUMBER_SUPERSTITION_BASSTAB
KEY=E.

「4弦開放弦のE」と「3弦7FRETのE」という、
1 OCTAVE差と、
Ⅶ♭のD(3弦5FRET)のSCALEを活用したGROOVE.
ERIC CLAPTONの"COCAINE"と同様。

なお、この曲では、
Ⅳ度、Ⅴ度も使われている.
いずれにしても、BLUES SCALEフル活用のイイGROOVE!!!

 2:
STEVIE-WONDER'S-NUMBER_SUPERSTITION_basstab2
 
↑2弦9FRETのBは、
1弦4FRETでPLAYした方がイイ.
POSITIONを動かさずにPLAYデキるから. 

また、
2小節目の後半部は、
4弦3FRETを人差し指で押さえて、
薬指で4弦5FRET〜7FRETへとSLIDEして、
3弦5FRETを人差し指で。
そのまま、7FRETを薬指で、
という運指でスムーズにPLAYデキる。

ROLLING STONESの"FINGERPRINT FILE"にも似たGROOVE♪

なお、
後半部に下記進行アリ。
STEVIE-WONDER'S-NUMBER_SUPERSTITION_BASSTAB3

 
STEVIE-WONDER'S-NUMBER_SUPERSTITION_BASSTAB4
明日以降、
また何度もPLAYして、
このGROOVINGをモノにしたい♪ 


 

shun699 at 23:04│ このエントリーをはてなブックマークに追加 BASS LOGIC 
TV視聴率の新しい指標Vine動画をブログ等に貼る方法