Finalcutでの黒バック設定方法『例のプール』

2014年01月24日

LIVE(ライブ)の重要性が注目されている最近の音楽業界。

INTERNETの発展の影響で、
CDというパッケージ系のものが、
「音楽を楽しむための手段」としては売れなくなり、
「アーティストのマネタイズの手段として機能しなくなってきた」
という背景もあり、、
LIVEが「新たなマネタイズの手段」として注目されている。

一方、
INTERNETは「パッケージをビット化させる」という側面もあるけど、
同時に、新たに音楽を知る機会を増やしてもいて、
SNSで知った音楽を「生」で聴きたい!、
というファンの欲求も喚起している、という側面もある。

ということで、
アーティスト側からも、ファン側からも、
LIVEの需要は高まっているようだ。


私も日々、多くのARTISTやIDOLの皆さんから、
LIVEへのお誘いをいただく。

LIVEに出演する側にチケットノルマがあるから、
いっそう勧誘に熱も入るのだろうw

LIVE HOUSE(ライブハウス)って、
出演者に場所を押さえる費用としてノルマを課してるから、
出演者さえ確保デキれば、安定した収入が入ってくる、
という上手い商売だなぁ、
とも思えてくるw

ただ、
本来、集客の努力はLIVE HOUSE側がするものであって、
出演者であるARTISTやIDOLはギャラが確保されていて、
演奏や歌唱、PERFORMANCEに専念デキる、
という状態であるべきなんだろうけど。

まあ、そういうレベルに至るためには、
ARTISTやIDOL側の人気がかなりあることが要求されるわけで、
その状態になるまでは、自らの「営業」も必要なのかもしれない。

とは言うものの、
LIVE HOUSE側の集客努力というものが、
もっとなされるべきかな、とは思う。
LIVE HOUSEという「場所」の価値の向上への努力。

極端なハナシ、
ダレが出ても、それなりの集客がある、
そんな状態が理想かな。

コレって、理想的なMEDIAの状態でもある。

ただ、
LIVE HOUSEMEDIAの「場所」の価値が上がってくると、
そこに出るために出演者側が努力しないとイケない状態になり、、
また、同じ状態になるかな...w

P.S.



福岡のライブハウス「照和」についての映像を見てたら、
「照和」では、出演者の自主運営的で、
ノルマ等もなく、逆に出演料をもらっていたくらいだったらしい。





shun699 at 21:34│ このエントリーをはてなブックマークに追加 MARKETING WARS 
Finalcutでの黒バック設定方法『例のプール』