#NOWPLAYING BASSSTRAP

2014年01月07日


昨夜、藤沢さんのメルマガが届き、
「女にモテ・スパイラルは起こりません。」
と書かれていて、確かに!と納得した次第。

彼によると・・・
> 女にモテ・スパイラルは起こりません。
> これは生物学的には明白な理由があります。
 
> 男の場合は、Good Genesの提供者としての側面があり、
> 女はその男がGood Genesかどうかの判断を、
> 他の女が寄ってきているかどうかで判断するために、
> モテる男がますますモテる、
> というポジティブ・フィードバックがかかり、
> いわゆるモテ・バブル、モテ・スパイラルが
> 発生しやすい構造になっています。
> また、Good Dadとしても、
> 他の女が競い合っているということは、
> その男はなんらかの大きな資産を持っているんじゃないか、
> と勝手に想像します。

> 一方で、女の場合は、
> パートナーの遺伝子を引き継ぐ子供を産み、育てる、
> というのが生物学的には圧倒的に大きな価値、
> ファンダメンタル・バリューになります。
> そこで、他の男と軽くセックスしそうな女だと、
> 自分がコミットする妻が産む子供が、
> 自分の子供ではないかもしれない、
> というリスクが増えますので、
> 他の男が周りにたくさんいるという状況は、
> 女の場合はネガティブ・フィードバックになり、
> モテ・スパイラルが発生しないようになっています。

とのこと。 

確かに、男の場合、
「グッピーでわかるモテ方程式」にも書いた通り、
「多くの女にモテている男がモテているからこそ一層モテる」
というモテスパイラルが起こりやすいのに対し、
女の場合、ヤリまくってるなどというと、
避けられるような気がするw

矢口真里不倫記事

昨年騒動になった矢口真里サンの例を見れば明らかでしょうw

私自身、モテた自慢話をしている女性を見ると冷めてしまうし、
美しいのに浮かれてない女性を見ると好感を持てる。

それも、このメカニズムによるものなのかも。

最近、話題になった「喜田嶋舞サンの子供が、
大沢サンの子ではなかった」みたいな事態には陥りたくない、
と、本能的に思ってるのかも。

ここ数年、ヒットしているAKB48などのアイドルは、
恋愛禁止を強調しているのも、
このメカニズムを上手くついてるのだろうなぁ、きっと。


shun699 at 21:03│ このエントリーをはてなブックマークに追加 LIFE LOGIC | MARKETING WARS
#NOWPLAYING BASSSTRAP