MANNISH BOY (MUDDY WATERS) #BASSカフェの映画館化

2013年12月21日


STONES "DOOM AND GLOOM"とか、
MUDDY WATERS "MANNISH BOY"とか、
の記事で書いたBLUES SCALEでの「Ⅲ♭の有効性」について、
Rage Against The Machineの"Sleep Now In The Fire"という曲でも
実感デキる。

RAGEAGAINSTTHEMACHINETAB

↑KEYのA(4弦5FRET)を軸として、
Ⅲ♭(C: 3弦3FRET)を使っている。

そうそう、
同じくRAGEの曲、"BLACK STEEL IN THE HOUR"でも、
Ⅲ♭の有効性を実感。

RAGEGROOVES

↑コレ。"BLACK STEEL IN THE HOUR"
3弦5FRETのDから2弦3FRETのFに行くところがⅢ♭であり、
STONESの"DOOM AND GLOOM"と同じ原理で、
しかも、全く同じ音程。


さてさて、もう一度、
RAGEの曲、"SLEEP NOW IN THE FIRE"の話題に戻ると、
Ⅲ♭プラス、
コノ曲ではBLUES SCALEならではの「Ⅶ♭の有効性」
実感デキる。 

冒頭箇所はもちろん、
下記箇所でも特に。

RAGEGROOVE

いわゆるⅠーⅦ♭の繰り返しによるGROOVE!!!

BLACK MUSICによく見られるPATTERN.

ちなみに、ココ、
左手で弦を離した時に鳴る音も活用してPLAYするとスムーズ。
全部しっかり指弾きしようとすると、大変だけどw、
コノPATTERNならイイ。

同じくRAGEの"ASHES IN THE FALL"という曲も
ⅠーⅦ♭ REPEAT PATTERN多用!



shun699 at 00:02│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 BASS LOGIC 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
MANNISH BOY (MUDDY WATERS) #BASSカフェの映画館化