GREE, DeNA, mixi... 急降下の理由#NOWPLAYING BASS

2013年12月07日

スポティファイ

欧米で流行っている音楽ストリーミングサービス、Spotify!

日本にも早く上陸しないかなぁ、
と、私も関心を持ってるサービスで、
今の時代のユーザーの欲求に最も応えているサービスだと思う。 
(楽曲を買って自分のローカルに置いておくスタイルから、
クラウド側にある楽曲を聴きたい時に引っ張って聴くスタイルへ。
そこへは定額で多少の金額は払ってもイイという感覚へ。)

と同時に、
音楽制作側にも役立っているようで、
コノ記事によると・・・ 

> この数十年の間に、
> 「ラジオで流れたお気に入りの曲を求めてレコード屋へ行って購入」
> といった音楽の入手方法は激減し、
> 「YouTubeで聞いた音源をiTunesのダウンロードで購入」や、
> 「無料で海賊版を入手」と、
> 物理メディアからデジタルメディアの時代へ移り変わっています。
> しかし、これらの大部分は、
> アーティストのためのお金をほとんど作り出していません。

> そんな音楽業界の不協和を打破するべく、
> Spotifyは音楽ファンが合法的にアーティストへのロイヤルティを
> 提供できる有料音楽サービス作りを行っており、
> これまでにユーザーが支払った金額は
> アメリカの一般音楽消費層のユーザーが1年間に支払う平均額の2倍以上

とのこと。

定額の有料プランでの課金、
無料プランでの広告収益、
の一部を音楽制作側に支払うことで、
音楽業界の課題となっているマネタイズに貢献している、と。

気になる収益の分配率については、
「アーティストに渡る分配はなんと全収益の70%」
とのことで、非常に高く、アーティストに有益だなぁ。
まあ、権利者に入るものだから、レーベルとも分配か。

日本のWEBSITEも準備中表示になってるから、
来年あたり、いよいよサービススタートかな。 

P.S.

一方、
Spotifyと似て非なるサービスが、
先日の記事で書いたUSEN550ch x HMVのサービス。

これは、
「楽曲セレクト権がユーザー側になく、
配信者の一方的な配信である点」が根本的に今の時代に合ってなく、
さらに、
気に入った曲をCDで買うという考え方も古い。 


P.S.

どうやら2月21日、日本サービス開始らしい!!! 

shun699 at 15:19│ このエントリーをはてなブックマークに追加 MARKETING WARS 
GREE, DeNA, mixi... 急降下の理由#NOWPLAYING BASS