ヤクルト、最下位でも観客増の理由アルバムを聴かなくなったアメリカ人!?

2013年11月21日

今日、映像制作の打ち合わせをしている際、
合成映像を入れたい!」との相談を受けたので、
ココにもポイントを書いておきます。

合成映像、
人の映像と、全く別の場所の背景映像を合成し、
あたかも、その人がその背景のシーンにいるかのような演出。

作成方法は・・・

まず、ブルーバックと呼ばれる手法で人物を撮影。
背景にブルー一色(もしくは、グリーン)の板等を置いて、
人物を撮影。

で、
合成したい背景映像も準備。

そして、
映像編集ソフトをPCで開き、
(私の場合、Final cut pro X)、

ブルーバック合成映像制作

↑こんな感じで、
タイムライン上に乗せます。

上に人物等の映像、
下に背景の映像を。

で、

blueback映像制作finalcut
 
エフェクトメニューの中の「キーヤー」を選び、
人物映像に適用(映像の上にDrag&Drop)

すると、、

ブルーバッククロマキー映像作成
 
↑こんな感じで、
見事に合成!w

ブルーバックの映像を用意するだけで、
こんな風に合成映像がカンタンにデキてしまう不思議。

クロマキー映像クロマキーエフェクト
等とも呼びます。 






shun699 at 22:48│ このエントリーをはてなブックマークに追加 IT:movie 
ヤクルト、最下位でも観客増の理由アルバムを聴かなくなったアメリカ人!?