スマホに飲み込まれたモノたちOpenPNE

2013年11月10日

ヒトラーアオリアングル

今読んでいるTVディレクターの演出術という本に、
カメラアングルについて記載されてたので、
あらためて、ココにまとめておこうと思う。

↑冒頭のヒトラーの写真のカメラアングルは、
下から上へと見上げるような角度のため、
ヒトラーの威厳があるように感じられる。

コレは、「あおり」と言われるアングル。
別名、ローアングル。

まあ、本当に威厳があったのだろうけどw、
ソレを増幅させていた要因の1つは、
このあおりのアングルかも。

ヒトラーのビデオや写真の多くで、
この「あおり」のカメラアングルが見られる。

ちなみに、
上から見たようなカメラアングルを「俯瞰」と言い、
(別名、ハイポジション)、
被写体の目線と同じくらいのアングルを「目高」と言う。

被写体に威厳や迫力を持たせない場合、
俯瞰か、目高かで決めていく。

意図的に使い分けたいものである。


◎「アオリ」アングルについて書かれてる参考書籍:
 


shun699 at 20:05│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 IT:movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スマホに飲み込まれたモノたちOpenPNE