2013年11月02日

ゼロホリエモン

ホリエモンの新刊、ゼロ
が発売になったので、読んでみているところ。

ホリエモンの本というと、
2005年頃に世間を騒がせてた頃のHOW TOモノを連想しがちだけど、
今回の本は、もっと根源的なテーマを扱ってて、
意外とマジメ。

でも、
イイことが書いてあった。

ソレは、
「働く」こと自体への考え方。

特に、116ページからの「あなたは何のために働くのか」
あたりの部分に核心があるかと。

一般的には、
「生きていくお金を稼ぐために我慢して働く」状態の人が多いけど、
ホリエモンの場合、
「働く」コト自体が楽しくなっている状態であるのではないだろうか。

ホリエモンによると、

> 多くのビジネスマンは、自らの「労働」をお金に換えているのではなく、
> そこに費やす「時間」をお金に換えている。
> とりあえず定時に出社して、とりあえず昼食を30分ですませ...(以下省略
・・・
> お金とは「もらうもの」ではなく、「稼ぐもの」である。
・・・
> 積極的に稼いでいくために、自分は「時間」以外の何を提供できるのか、
> もっと真剣に考えなければならない。
・・・
> お金をもらうだけの仕事を お金を稼ぐ仕事に変えていこう。
> 儲けるためではなく、お金から自由になるために働こう。
> 僕は20代の早い段階で、お金から自由になることができた。
> それはたくさんのお金を得たからではない。
> 仕事に対する意識が変わり、働き方が変わったから、
> お金から自由になれたのだ。

とのこと。

同じことをやるにしても、
着眼点というか姿勢が重要なのではないだろうか?

私のコトバで言うと、
必要とされる「資源」を見極め、
「資源」を生産し、
「契約」して、「富」を得る、と。

MY PROJECT名、GLOBAL GROOVE GEARも、
「多くの人がGROOVEするためのGEARを提供する」的な造語。

ここでの資源もGEARも、あくまで比喩で、
ホンモノのGEARを作るわけではないけどw、
そういう姿勢で取り組んでます、と。





shun699 at 03:41│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 LIFE LOGIC 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字