2013年08月27日

客引きの役目を終えつつあるコンビニの雑誌たち

↑こんなNEWSが流れてきた。

かつてはコンビニのトレードマークであった雑誌が
急速に売れなくなっていることが書かれており、

20130822-00027183-roupeiro-001-7-view

↑このグラフを見れば、一目瞭然であろう。

私自身、2000年頃まではコンビニで雑誌を買っていたのだが、
最近では まったく買うこともなくなった。

ネットの普及、
さらには、ネットの中でもスマホの普及が大きな要因だったと思う。

ネットだけが発展してスマホがなかった2000年代前半までは、
自宅ではネットニュースが読めるものの 出先で何か読もうとする時、
雑誌を買うニーズも かろうじてあった。

しかし、
スマホ普及後、歩きながら気軽にNEWSが読めるから、
完全に雑誌の存在価値はなくなった。

昨日の記事(私のニュースの読み方)にも書いたように、
私自身、左手にスマホ・右手にCOFFEEで日々のNEWSをCHECKしている。 

カンタンである上に、読むNEWSは20世紀よりも増えている。
身軽に、一方、扱う情報量は多く。
この反比例が楽しく賢く生きるための方程式だと思う。 

P.S.

雑誌なき後、コンビニに残るのは、、
食料品と日用雑貨かな。
デジタル化できないもの。

P.S.2  2014.07.10

最近、
近所のローソンの雑誌売場の一部がゴミ箱に変わった...w



shun699 at 00:02│Comments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 MARKETING WARS 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by jual abon ikan   2013年11月30日 06:58
粽とか好きだよん♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字