2011年04月22日

shibuyalight

↑昨夜の渋谷スクランブル♪

震災後、真っ暗な状態が続いてたけど、
ビジョンが復活し始めて、
少しずつ明るくなってきた。

震災前に比べれば まだまだ暗いけど、
これくらいが”夜”を感じられて、
ちょうどいいかもw

写真を撮ったら、
我ながら良い雰囲気をキャッチできたなと。

shun699 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 diary 

2011年03月31日

3.11の東日本大震災で、
東北の家やクルマが津波に流されていく光景が、
YoTubeやTVでたくさん流れている。

そして、
「東北で家やクルマを失った人々の4重ローン」
↑こんなNEWSも流れていて、
胸が痛む。

「所有」していた資産が、
逆に「負の遺産」へと変わる瞬間。。

いつ何が起こるかわからない時代、
これからは「所有物」をあまり持たない方がイイのかも、
と思ったりする。

物体を伴う「所有物」の最大のものは「土地」だと思うが、
その「土地」に縛られない方がイイ。

大きな変化が起こった時、
いつでも、その土地を離れて、
移動できるLIFE STYLE.

まあ、
コノLIFE STYLEを実践するためには、
どこでも通用する「力」が必要だろう。

ソレが自由に移動するための「切符」のようなもの。

どこでも通用する「無形資産」。

THE ROLLING STONESのKEITH RICHARDSが、
MUSICの才能を持って、
世界中を自由に動き回っているような感覚。

私は、WEB MEDIA PRODUCEやMARKETING、
BASSを軸としたMUSIC等の「力」を磨き、
コノSTYLEを実践していきたい。

LIFE LIKE A ROLLING STONE !!!

JACQUES ATTALIが言っているHYPER-NOMADって、
こういうことじゃないかな、きっと。

それから、
写真等のDATAはクラウドに保管すべき、
ということもあらためて感じた。

東北の津波で写真が流されてなくなってしまった、
というような報道を見る度、そう思う。
クラウドにアレば、
たとえREALな紙の写真が流されても、また見ることがデキる。

ソレこそが、"REAL"ではないだろうか。

21世紀の歴史――未来の人類から見た世界
21世紀の歴史――未来の人類から見た世界

それから、
高城剛さんが「ハイパーメディアクリエーター」と、
自称していて話題になってるけどw、
彼の言う「ハイパー」って、
「ハイパーノマド」の「ハイパー」かも。

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明
私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明

shun699 at 20:00|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 LIFE LOGIC | MARKETING WARS

2011年03月22日

先日の大地震後、
高城剛さんの発想が冴えてるのでは?、
と感じて、
彼の著書やblogを
いろいろと読み返してみたわけだけど。

そうしたら、
http://blog.honeyee.com/ttakashiro/archives/2011/02/21/post-180.html
↑2月21日の記事を読んで、ビックリ。

タイトルが、
”ニッポンドボン”!

しかも、、

>  この春、きっと東京は大きく揺れることになるだろう。
> 揺れなければ、動き流れなければ、
> どんな清流も濁り腐ってしまうのは、言わずもがな。

との記述。

ホント、今回の大地震を
あらかじめ知っていたかのような記述、
そして、行動。

だからこそ、
住所不定、職業不明の生き方を強調していたのか、
最近。

それにしても、
私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明
私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明

↑コノ本が出版されたタイミングも、
実に絶妙だった。

まあ、いずれにしても、
彼の発想はオモシロイ。

学生時代からポストモダンな私的には、
共感できる部分が多い。

90年代の小室さんのエッセイ的な
センスが感じられる文章もイイ。

 ※ 彼のmusicが好きなわけではないけどw

cf.

告白は踊る (角川文庫)
告白は踊る (角川文庫)


shun699 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 MARKETING WARS